高岡銅器 花鳥香炉 村田宏(日展作家)

1611(慶長16)年、高岡城を築いた初代加賀藩主・前田利長公が、城下の発展の為に、7人の鋳物師を招いたことから、高岡銅器の歴史は始まりました。
現在では全国の銅器生産の90%以上を占め、しなやかでしっとりとした美しい鋳肌や、優れた彫金技術が生み出す精巧な文様が、国内外から高く評価されています。

この香炉は日展作家である村田宏氏の作品です。
竹・梅・芙蓉・紫陽花・菊など、四季折々の花鳥が全面に配され、とても見応えがあります。

素材:銅製、桐箱入り
寸法:12.3㎝×高さ14㎝
日展作家 村田宏作

【作者略歴】
昭和11年、高岡市生まれ
昭和32年、第13回日展初入選、以後入選多数
昭和41年、日本現代工芸展入選
細緻にわたる原型製作を得意とする

¥ 87,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料700円が掛かります。

※10,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価